マタニティパジャマ・ナイティは何枚必要?

妊娠初期

産院からは、マタニティパジャマやナイティを2~3枚準備してくださいって、入院準備リストには書いてあるところが多いです。

産後は、悪露や母乳でパジャマが汚れたりすることもありますので、2枚は用意しておくと安心できますよ。

代用できるパジャマやナイティがある人は、わざわざマタニティ用を購入する必要はないですが、パジャマの上1枚で過ごしても安心できる長めの丈を選んだり、授乳がしやすい前がボタンで開くタイプのものを選ぶようにしてくださいね。

出産入院中は、傷口のチェックや消毒が毎日ありますし、赤ちゃんへの授乳も一日に何度もしなくてはいけません。

Tシャツタイプだと、裾をめくりあげて授乳をしなくてはいけないので不便です。

マタニティパジャマには、授乳口のついているものがありますが、そのタイプにこだわる必要はないです。ママ達の中には授乳口が小さくて、赤ちゃんに授乳がしにくかったという声もありました。

  • 前が開くタイプの授乳しやすいもの
  • 膝のあたりまで丈が長いもの
  • ゆったりと着られる無理のないもの
  • 肌触りのよいもの

上記をポイントにしてマタニティパジャマやナイティを選ぶようにしましょう。片手でボタンが外せるスナップボタンを選ぶと、授乳もサッと簡単にできます。自分が使いやすいものを選ぶようにしてくださいね。

最近のマタニティパジャマやナイティは、妊婦さんぽくないおしゃれでかわいいものがたくさんあります。自分のお気に入りの柄やデザイン、明るい色を選んで着ると気分も明るくなるのでよいかもしれませんね。

このページの先頭へ