マタニティパジャマ・ナイティの必要性!

妊娠初期

マタニティパジャマやナイティは通常のパジャマと違って、さまざまな工夫がされています。これからどんどん大きくなるお腹を締め付けないように、ウエスト部分の調節ができるようになっています。

マタニティパジャマの丈が通常のパジャマより長いのは、入院中にパジャマの上1枚でいることも多くなるからです。赤ちゃんが生まれると、ママの傷口のチェックや消毒をするために、先生の回診が毎日あります。そのため、パジャマ1枚で過ごすことも多いので、膝丈の長さがあるパジャマのほうが安心できます。

そして、前開きであったり授乳口付であるのは、赤ちゃんの授乳を簡単におこなうためでもあります。Tシャツタイプでも授乳はできますが、毎日赤ちゃんに授乳することや冬の寒い時期の事を考えると、体を冷やすことなく楽に授乳ができます。

出産入院中、傷口の処置や赤ちゃんの授乳がスムーズに行われるように、ズボンをはかなくても恥ずかしくないパジャマの丈と、前開きであったり授乳口があったりと、妊娠中から産後のママの体に対応できるようにデザインされているところが、通常のパジャマとの違いです。

マタニティパジャマ
【エンジェリーベのマタニティパジャマ】

入院出産準備には、マタニティパジャマが必要だと病院からいわれます。

前が開くタイプで長めの丈のパジャマをもっている人は、それで代用してもよいと思います。わざわざ購入するのは、もったいないですからね。

マタニティパジャマやナイティの購入を考えているママは、妊娠初期からの購入をおすすめします。

入院のためだけにマタニティパジャマを買うのはもったいないですから、妊娠初期から購入して長く使用するようにしましょう!

マタニティパジャマ関連記事

このページの先頭へ